内蔵疾患とにきび(額・あご・顔)

内蔵疾患とにきび(額・あご・顔)

にきびの出来た位置で大まかな内臓の疾患分かるという事をご存知ですか。
ここでは、にきびと内臓の疾患の関係についてまとめてみたいと思います。

 

1.おでこやこめかみにできるにきび
2.口の周りやあごにできるにきび
3.にきびと内臓疾患の関係

 

 

おでこやこめかみにできるにきび

 

おでこや生え際やこめかみ、眉間に出来るにきびは胃腸の調子が悪いと出やすくなる事があります。
糖分や油分の過剰摂取など胃腸に負担をかけたりするとにきびが出来やすくなりますので、注意しましょう。

 

その為には、三食バランスの取れた食事を摂る事を心がけましょう。

 

暴飲暴食など過度に胃腸に負担をかけたりしてしまったら、少し胃腸を休ませてあげる様な食事をしましょう。
そうする事で回復が早まる場合があります。

 

 

口の周りやあごにできるにきび

 

また口の周りやあごに出来るにきびは、ストレスを感じたりして胃腸が不調を起こしていると出やすくなります。

 

頬に出来るにきび肝臓の働きが悪くなって来たり、便秘になっていたりすると出来やすくなります。

 

改善策としては、食物繊維を摂る様にして食生活を見直しましょう。

にきびと内臓疾患の関係

 

こうしてみると内臓疾患による体の不調は、にきびとして出やすくまたそれが不調のサインになったりします。

 

気にしているとにきびが何度も同じ場所に出来たりするのは、その内臓が弱っている可能性があります。
自分で意識して改善する事で内臓の疾患も改善されて、にきびも出来にくくなるでしょう。

 

自分では気づかないうちに内臓は弱っている場合もありますので、無理な食事やアルコール摂取は控えましょう。
内蔵が弱ったと感じたら自分で気をつけて、にきびが出来ない体を造りましょう。
にきびが出来ない体を目指して、体の内側から健康になりましょう。

 

関連ページ

にきびとトレチノイン配合クリーム|皮むけ効果と副作用で失敗しないために!!
トレチノイン配合クリームとは、肌にたいしてどのような効能があるのか記述しています。
test
ニキビについて原因、解消方法についてまとめます。
にきびにアスコビルは効果あるか?ビタミンC誘導体とイオン
ニキビ跡の改善とアスコビル(ビタミンC誘導体)の関係についてまとめてみたいと思います。
にきびに効く食べ物!!食事改善のすすめ
にきびに効く食べ物、ビタミン、食物繊維、亜鉛についてまとめてみたいと思います。