にきびに効く正しい洗顔方法とは!!バリア機能低下に気をつけよう

にきびに効く正しい洗顔方法とは!!バリア機能低下に気をつけよう

毎日の洗顔はとても大切だと言われているのですが、

 

大切だからと言って毎日とにかく洗顔を行っていけば良いと言う訳ではありません。

 

洗顔の方法には正しい洗顔と言うものがあり、しっかりとこの正しい洗顔を行っていなければ、にきびが出来やすかったりします。

 

 

1.洗顔はお肌を擦るのではなく、皮脂を吸着するようにおとしましょう。
2.皮脂とバリア機能
3.洗顔料は天然成分ので作られているものを選ぼう
4.洗顔料も症状にあったものを選びましょう

 

1.洗顔はお肌を擦るのではなく、皮脂を吸着するようにおとしましょう。

 

特ににきびが出来てしまい悩まされている場合は、皮脂を取り除くと言う気持ちが大きくなるため、
お肌を強く擦ったりする事があります。

 

お肌を強く擦るのは、大きな間違いです。

 

皮脂を取り除く際にもお肌を擦るのでは無く、皮脂を吸着して落としてくれるような洗顔料を選ぶ事がことが大切になります。

 

 

2.皮脂とバリア機能

 

お肌にはバリア機能として働くための皮脂を残しておかなければならないのですが、

 

界面活性剤はこの皮脂まで洗い流してしまうので、

 

お肌は抵抗力が弱くなりにきびが出来やすい状態となります。

 

お肌はバリア機能が低下すれば、当然にきびが出来た際にも炎症が酷くなってしまうので覚えておくようにしてください。

 

特ににきびが出来ていたり、にきびの予防をしていくための洗顔は、洗顔料を良く泡立ててお肌に直接手が触れないように洗っていく事になります。

 

3.洗顔料は天然成分ので作られているものを選ぼう

 

洗顔料の中にも様々な種類があるのですが、

 

一般的に市販されていてリーズナブルな洗顔料と言うのはお肌に負担を掛けてしまう「界面活性剤」などが含有されています。

 

本来であればお肌に残さなければならない皮脂まで洗い流すと言われています。

 

 

使用する洗顔料も界面活性剤などを使用せず、天然成分で作られているものを選んで行くと安心です。

 

天然成分で作られている洗顔料はお肌に負担を与える事がありません。

 

そのため、自然とお肌も抵抗力を養い毛穴の目立たないお肌に変わっていきます。

 

 

4.洗顔料も症状にあったものを選びましょう

 

洗顔料といっても、症状によってそれぞれ専用の洗顔料があります。

 

ニキビと一言でいってもいろいろなものがあります。

 

例えば、
同じところに何度もできてなかなか治りにくい「大人ニキビ」があります。
また、ニキビの後に残る「にきび跡」にもニキビ跡ようなニキビもあります。
また背中にもニキビができることがあるのですが、背中ニキビもあります。

 

 

「大人ニキビ」には専用の洗顔料

があります。

 

症状にあった洗顔料を選ぶようにしましょう。

 

・「背中にきび」について
・「にきび跡」について

関連ページ

にきび対策として食事改善!!,ビタミン、食物繊維、亜鉛の摂取について
にきび対策の1つとして食事改善について記述しています。
にきびはお肌の潤い不足が原因!!保湿による正しいスキン
ニキビの予防と対策として潤いと保湿について記述しています。
にきびに漢方・和漢が効果あるのか?漢方の血液の流れ促進し代謝アップ効果
にきび予防・対策として、「漢方」の効果ついて記述しています。
にきびに椿油が効果あるのか?椿油の殺菌作用と炎症を抑える効果
にきび予防・対策として、椿油を使うことの効果ついて記述しています。
にきびにビタミンは効果あるのか?ビタミンEの抗酸化作用
にきび予防・対策として、「ビタミン」の効果についてまとめてあります。