肌のタイプの違いとは?乾燥肌、脂性肌、混合肌

肌のタイプの違いとは?乾燥肌、脂性肌、混合肌

ここでは肌のタイプについて、以下の点についてまとめてみたいと思います。

 

1.肌の種類とニキビ
2.乾燥肌の特徴
3.脂性肌の特徴
4.混合肌の特徴
5.肌のケア

 

1.肌の種類とニキビ

 

肌は老廃物を排出するための、大切な役割を持っています。

 

私達の肌は大きく分けて3種類に分かれています。
良く耳にするのが乾燥肌脂性肌混合肌ではないでしょうか。

 

この三つ肌のタイプ(乾燥肌、脂性肌、混合肌)のどの肌のタイプだったとしても何かしら肌トラブルを抱えています。

 

特に共通しているのは「毛穴が開いており、分泌された皮脂が詰まるという事」によってにきびが出来やすいと言う事になります

 

「毛穴が開いており、分泌された皮脂が詰まるっているトラブル」が肌にある場合は、
しっかりと「肌の状態を安定」させて整えてあげる事で、にきびの出来にくいお肌に変えていく事が可能となります。

 

2.乾燥肌の特徴

 

乾燥肌の場合には皮脂の分泌が少ないため常にお肌が乾燥しているので、保湿をしていかなければなりません。

 

にきびが出来るのは脂性肌の人ばかりだと思っているケースもありますが、そんな事は無く、乾燥して毛穴が開いている状態の肌もにきびが出来やすいと言われています。

 

3.脂性肌の特徴

 

脂性肌の場合には皮脂の分泌が乾燥肌とは反対に多いため毛穴に皮脂が詰まってしまいやすく、にきびが出来やすいと言われています。

 

通常ニキビといった場合、脂性肌のような感じがしますが、ほかのタイプの肌でニキビはできます。

 

4.混合肌の特徴

 

混合肌と言うのは乾燥肌の部分と脂性肌の部分が混ざり合っているお肌の状態の事を言います。

 

「T ゾーン」などは皮脂が多く、頬の部分は皮脂が少ないと言った場合、混合肌となります。

 

5.肌のケア

 

お肌は種類がありますが、自分の肌がどのタイプであっても、ケアをせずに諦めてしまうようでは、いつまでも美肌を手に入れる事は難しいので、諦めずに継続したケアが必要になります。

 

そのためには正しい洗顔や規則正しい生活など様々な要因が関係してくるので、自分のお肌を美しいお肌に変えていくために正しいケアを行っていくようにしましょう。

関連ページ

にきびの種類には何がある? 白・赤・黄色・黒にきび
ニキビの種類について説明しています。
皮膚の仕組みってどうなっているのか?表皮、真皮、皮下組織の3層
お肌が表皮、真皮、皮下組織の3層でなりたっていることを記述しています。