食費と飲み物の節約

食費節約に「もやし料理」がよい。

毎日の食費ですが、食材にお金をかけないのが何よりいいです。

 

高いお肉やお魚などをたくさん食べたいところですが、

 

毎日の一品に「もやし料理」をくわえることで、献立も増え

 

食費も安くなると思います。

 

 

・「もやし」は安い!!

 

食費の節約で重要なことは、

 

お金をできるだけかけないことです。

 

そういった場合に、結構使う価値のある食材が「もやし」です。

 

安いもやしだと「一袋」30円くらいです。

 

このもやし一袋で、1人前のもやし料理をつくれます。

 

 

・白菜やキャベツ

白菜やキャベツも安いときに勝手おけば十分節約になります。

 

しかし、白菜やキャベツなどは、調理するとき切らないといけないという作業が発生します。

 

料理することは、材料を買う→切る→料理→盛り付け→洗うという作業があるため

 

非常に面倒なのですが、切るのも面倒な人は面倒なものです。

 

それに比べて、もやし袋に入っている状態で、すでに食べやすい大きさです。

 

もやしをサッとあらって簡単調理するには、はずせない食材です。

 

 

・もやしレシピ

 

 ぱっと思いつく「もやし料理」

 

 「もやしのお味噌汁」
 「もやし炒め」など

 

もやし炒めは塩やコショウで味付けしただけでは以外と

 

味がしっかりしていない感じでおいしくなかったりします。

 

私はもやし炒めをつくるときは、干しわかめを戻し、にんにくやしょうがなどもいれて

 

味をしっかりでるようにしています。

 

「自分がおいしい」と思う料理を見つけてみてください。

 

クックパッドなどでもいろいろレシピあるので、試して自分のオリジナルをつくてみましょう。

 

 

 

 

関連ページ

「水筒」で節約
ここでは「水筒」利用による節約について書きたいと思います。。
職場で作る「インスタントコーヒー」のすすめ!!
ここでは職場でのコーヒーや紅茶の出費の節約について書きたいと思います。
食費の節約の一番は「弁当」をつくることです。
食費を節約したい場合は、「弁当」が断然お得です。 コストは150円~200円くらいなので、外食している場合500~800円とした場合、6000円から8000円説やkできます。
食費節約のためにカップラーメンのメリット・デメリット
食費を節約したい場合は、お弁当を作ったりしたいですが、 お弁当つくるの面倒です。そこでカップラーメンなんかたべたりする人が多いですが、 ここでは、食費節約とカップラーメンについてまとめたいとおもいます。
食費を節約するために重要なこと
自炊をすると逆にお金がかかるという人がいます。 これはどういうことでしょうか?自炊を節約するための基本的な考えをまとめたいと思います。