食費を節約するために重量なこと

食費を節約するために重要なこと

・自炊をはじめるがお金がかかる

 

最近、自炊をはじめましたが、以外とお金がかかるという人がいます。

 

自炊したから絶対がお金がかからなくなるというかと言えば

 

そういうものでもないです。

 

 

この点は、私の勝手な思い込みかもしれないのですが

 

日ごろから、高いものを購入する癖がついている人は

 

単なる自炊でも、その材料も高いものを購入してしまいがちです。

 

 

 

・自炊はお金がかからないもの

 

自炊がお金がかからないものかというと、そうですともいえるし、そうでもないともいえます。

 

料理はお金をかければそれなりに高いものになります。

 

たとえば、私の友人も料理が好きで、料理を自分で作ったりします。

 

彼の料理はおいしいのですが、

 

その分、材料費もそれなりにします。

 

 

外食した方が安いのではというくらいお金をかけているときがあります。

 

私の友人は節約しようとして料理しているわけではなく、

 

おいしいものを食べたいので自分で作ったり、みんなに振舞ったりするわけなので

 

これはこれでいい気がします。

 

 

しかし、自炊して節約しようとする場合は、

 

「安く食事を作る」が基本です。

 

 

材料もそれなりに安いものを使うべきです。

 

野菜でもなんでも、1ランク高いお店で食材を買っているのなら

 

普通のスーパーなどで、同じ野菜を購入するべきです。

 

とにかく、食材の材料費を安くすることです。

 

 

・安いからといって、買いすぎていませんか

 

自炊といっても、今は冷凍物なども多くあり、

 

うまく使うと料理も簡単になりますが、

 

安いからといって、いろいろなものを買いすぎている人もいるようです。

 

野菜なども必要以上に購入したり、必要以上に冷凍食品を買い込んでいませんか?

 

 

 

・1週間の食費を決めましょう

 

買いすぎたり、買い込まないために

 

1ヶ月いくらの食費で生活したいか、決めましょう

 

次にその食費を4週間で割りましょう。割ってでたお金で

 

食費を購入するようにしましょう。

 

 

食費は1週間単位で決めたほうがいいとおもいます。

 

1週間の食費を決めて、その食費で材料を買いましょう。

 

その後、お金が余っているならの追加で購入もかまいませんが、

 

お金がなくなったのなら、1週間をある食材で、生活するようにしましょう。

 

 

・1週間がいい

 

購入する材料の期間はは1ヶ月でも1週間でもいいとおものですが、

 

買い込みすぎないように、1週間程度で食材を使い切る気持ちでやったほうが一番いいとおもいます。

 

2週間でもいいと思います。1ヶ月だと長すぎる気がします。

 

食材の賞味期限等あるので、1ヶ月を基準にやると面倒かもしれません。

 

私がすすめるのは、1週間または10日または2週間くらいです。

 

 

・まとめ

 

以上のように、自炊は

 

・お金の支出を決める

 

・決めたお金の範囲内で買い物をする

 

・高い食材はできるだけか買わない

 

ようにすれば、普通に節約できます。


関連ページ

「水筒」で節約
ここでは「水筒」利用による節約について書きたいと思います。。
職場で作る「インスタントコーヒー」のすすめ!!
ここでは職場でのコーヒーや紅茶の出費の節約について書きたいと思います。
食費の節約の一番は「弁当」をつくることです。
食費を節約したい場合は、「弁当」が断然お得です。 コストは150円~200円くらいなので、外食している場合500~800円とした場合、6000円から8000円説やkできます。
食費節約のためにカップラーメンのメリット・デメリット
食費を節約したい場合は、お弁当を作ったりしたいですが、 お弁当つくるの面倒です。そこでカップラーメンなんかたべたりする人が多いですが、 ここでは、食費節約とカップラーメンについてまとめたいとおもいます。