食費節約のためにカップラーメンのメリット・デメリット

食費節約のためにカップラーメンのメリット・デメリット

節約を考える人で、節約に取り組みやすい対象が食費です。
毎日:1500円くらい食費にかけている人が食費を500円くらいにできたとしたら。
毎日1000円お得になり、1ヶ月では3万円ほど浮きます。
これすごいですね。
というように、食費をおさえることは節約で必要なことです。

 

 

・節約と自炊
食費を節約する場合、その方法としては、「自炊」がなによりも効果的です。
しかし、カップラーメンを食べる人も結構、いるそうです。
カップラーメンで食費節約、本当にできるのでしょうか?

 

 

家で自炊することで、一食700円くらいかかかる外食が150円~250円(※1)くらいになります。
※1これは私の場合です。
なお、使う材料もそれなり「安いもの」であることが前提です。
自炊することがあるけど、1食1000円や2000円もお金かけて、こった料理をする人がいますが
それでは節約になりません。

 

 

・自炊のデメリット

 

自炊のデメリットは何よりも、
食材を買い、料理をつくり、盛り付け、洗い、食器などを片付けるといった作業が
結構あることです。

 

私はだいたい自炊していますが、やはり習慣付けしないと面倒です。
というように、自炊のデメリットは、それなり作業が発生して、結構「面倒な作業」であることです。

 

また自炊は安くしようとおもったら本当に安くできるのですが、
逆に自炊はお金がかかるという人がいます。
それは、1週間で使う費用を決めて、その費用の中で食材を購入し、使って食事を作らないからです。

 

 

・カップラーメンのメリット

 

自炊しない代わりにカップラーメンなんかも安いです。
ただ最近ではカップラーメンも高くなってきています。
150円~200円くらいのものが普通のようなきがします。

 

カップラーメンは、お湯を沸かして、入れて、3分待って食べて、ゴミ箱にすてるだけです。
本当に簡単です。

 

費用的にも、自炊よりもすこしやすいくらいです。
自炊で一人前作ると費用が150円~250円くらいで作れます。
※ただ上記の費用は自炊のやり方次第でもっと安くできるとおもいます。

 

 

・カップラーメンのデメリット

 

しかし、たとえば昼食に、職場でカップラーメンだけだとどうしても量的にも、
個人的にはすくないとおもうことが多いです。
だから、パンや他のものを食べたりして結局300円~400円くらいつかってしまうことがありました。

 

そこで、最近は、やすい果物を一緒にもっていきます。
バナナやみかんなどを一緒にもっていくことで、無駄な支出をしないようにしています。
また、おにぎりを作ってもっていくこともあります。

 

・まとめ

 

食にこだわりのない人なら、カップラーメンを食べ続けるのもいいかもしれません。
しかし、個人的には、自炊をメインとして、自炊ができなかったりしたときにカップラーメンなどで
代用するといった方法で使う方がいいかもしれません。

関連ページ

「水筒」で節約
ここでは「水筒」利用による節約について書きたいと思います。。
職場で作る「インスタントコーヒー」のすすめ!!
ここでは職場でのコーヒーや紅茶の出費の節約について書きたいと思います。
食費の節約の一番は「弁当」をつくることです。
食費を節約したい場合は、「弁当」が断然お得です。 コストは150円~200円くらいなので、外食している場合500~800円とした場合、6000円から8000円説やkできます。