食費の節約の一番は「弁当」をつくることです。

食費の節約の一番は「弁当」をつくることです。

節約を考える人で、一番節約したいものの一つとしてあげられるのが、食費です。
毎日支出するものなので、この食費でとくに、仕事場などで昼食にかける支出は結構なものになります。

 

・簡単な昼食の食費節約

 

簡単な方法ですます方法もあります。
・パンを1つだけ。
 パンといってもパンも意外と100円~150円くらいします。
 一つだけではお腹が空いてしまいます。

 

・カップラーメンを食べる方法もあります。
 カップラーメンは140円くらい~250円くらいかかります。
 カップラーメンなんかは以外といいかもしれません。
 しかし毎日カップラーメンというのも私はたまりません。

 

 

・「お弁当」のすすめ

だから、一番のおすすめは「お弁当」です。

 

 

「お弁当」を買うのではなく、作るのです。
お弁当は購入した場合、安くても400円くらいしますが、
自分でつくれば150円~200円くらいになります。

 

 

では、お弁当の作り方ですが、
夫婦で奥さんがいって、専業主婦というなら
作ってもらうのが一番良いです。

 

 

しかし一人暮らしだと誰に頼むのは絶望的です。
だから、少し作る手間をはぶけるようにしておきましょう。

 

 

ということで、できるだけ簡単にお弁当を電子レンジでつくりましょう。

 

弁当といってもこる必要はないとおもいます。

 

●ご飯

ご飯は1週~2週間分を一気に炊いておいて、冷凍保存しておきましょう。
弁当で使うときは、「電子レンジでチン」するだけです。

 

●卵でゆで卵や卵焼き

ゆで卵なんかは、ネットで電子レンジで作れるものがあるので作っておくとおかずになります。
また、卵焼き機なるもの電子レンジであるので試してみるといいかもしれません。

 

●野菜

野菜も弁当にいれたいものです。
冷凍食品でブロッコリーや枝豆やソラマメなども使えるので買っておきます。

 

●メイン食材

メインの食材として、ハンバーグやウィンナーまたから揚げものも安くうっているので
冷凍物をつかうのがいいでしょう。

 

●晩飯の残りを入れる

晩御飯の残りを入れるのもいいかもしれません。

 

●最後に

ということで、お弁当をつくろうとした場合、ほとんどの食材は電子レンジでチンするだけで
つくれます。これをお弁当箱につめるだけです。

 

●お弁当箱と洗物

なお、お弁当箱は2個くらい用意した方がいいかもしれません。
私の場合、あらうのが面倒になったりして弁当箱を洗い忘れたりします。

 

そんなとき予備があるので、それを使います。

 

またさらに、次の日もあらうことができない場合は、カップラーメンやパンで代用します。
またカップラーメンやパンでは小腹がすくときがあるので、バナナやみかんなどを一緒にもっていくと
腹の足しになります。

 

 

・まとめ

仕事場での食費をコントロールすることは節約の一番の節約ポイントだとおもいます。
どうぞ実践してみてください。

関連ページ

「水筒」で節約
ここでは「水筒」利用による節約について書きたいと思います。。
職場で作る「インスタントコーヒー」のすすめ!!
ここでは職場でのコーヒーや紅茶の出費の節約について書きたいと思います。